ニコン(Nikon)
D500 ボディ

価格 : 円(税込)
数量    残りあと1個
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

153点AFや10コマ/秒の連写に対応したAPS-C一眼レフカメラのフラッグシップモデル
タイプ : 一眼レフ
画素数:2151万画素(総画素)/2088万画素(有効画素)
撮像素子:APS-C/23.5mm×15.7mm/CMOS
連写撮影:10コマ/秒
重量:760g


※沖縄・離島は送料1500円かかります。ご注意ください。

被写体検出力に優れた広域・高密度の153点AFシステム

フラッグシップモデルであるD5と同等の、すべてのAF NIKKORレンズで有効な153点(うち55点を任意選択可能)のフォーカスポイントを実装。

D4S比で130%以上の広い範囲を高密度にカバーした。このうち99点は、より被写体を捉えやすいクロスセンサーとし、中央部と周辺部に効率よく配置。

また、小さな被写体はもとより、全体にコントラストが低い被写体に対しても高いAF検出力(最大-4EV)を発揮し、ピントを合わせられる。

脅威の常用感度ISO 51200を実現

D5に次ぐ常用感度“ISO 51200”を達成

ISO 100からの幅広い感度域でこれまで以上にクオリティの高い画像が得られる。ISO 50相当(Lo 1)への減感、ニコン史上最高のISO 1640000相当(Hi 5)までの増感も可能。

Hi 5では、これまで撮れなかった暗闇の被写体もカラーで撮影できるようになった。

マルチメディアユーザーに必須の4K UHD(3840×2160)動画対応

記録時間は最長29分59秒

D500は1080/60pに加えて4K UHD(3840×2160)30p/25p/24pに対応。新画像処理エンジンEXPEED 5により、鮮鋭感の高い映像が得られる。ISO 100-51200、さらにHi 5(ISO 1640000相当)までと対応感度域が広く、動画専用に改良した滑らかな露出制御とNIKKORレンズの描写力で、美しい映像を生み出す。記録時間は最長29分59秒。

タッチパネル・チルト機構採用の3.2型約236万ドット高解像度画像モニター

最上級モデルとしての使いやすさ、DXフォーマットモデルとしての機動性を強化するため、D500は、D5同様背面の画像モニターにタッチパネルを採用。タッチAF、タッチシャッター(静止画撮影時)ができるほか、再生時にはD5同様フレームアドバンスバーを使った高速な画像切り換えや著作権情報などの文字入力も可能。また、上下の広い範囲で自由な角度にチルトできる、3軸ヒンジ構造を採用。上向きに展開してもファインダー接眼部に遮られてモニターが見えにくくなることがなく、下向き展開も三脚に取り付けたままでスムーズに行え、静止画、動画撮影のアングルの自由度が高まる。しかも、236万ドットとドット数を大幅に増やし、拡大表示でも極めて鮮明な表示映像で被写体や撮影画像をつぶさに確認可能。画像モニターの色調は、編集作業の基準となるパソコンのモニターに合わせるなど、カスタマイズ可能だ。

高速データ転送仕様のメモリーカードに対応するメモリーカードダブルスロット

D500は、UHS-II規格対応のSDカードおよびXQDカードの2つのメディアを使用可能。どちらもカードへの書き込み速度が速いので、連続撮影もテンポよく行える。もちろん両方のメモリーカードを1枚ずつ装填し、[順次記録]、[バックアップ記録]、[RAW+JPEGの分割記録]と目的に応じて使い分け、撮影画像を効率的に記録できる。カード間で記録画像のコピーも可能。動画撮影時には空き容量が十分なカードを記録先として指定できる。

約10コマ/秒で、14ビットロスレス圧縮RAWでも200コマまで継続可能な高速連続撮影

D500は撮像素子の高速読み出し、新画像処理エンジンEXPEED 5の高い処理能力、刷新したミラーシーケンスにより、約10コマ/秒の高速連続撮影が可能。レリーズタイムラグ約0.050秒という高速レスポンスと相まって、決定的な瞬間をより確実に捉えることが可能。

さらに、バッファーメモリーの大容量化などにより、JPEGだけでなく、14ビット記録のロスレス圧縮RAWでも200コマまで連続撮影可能に。最高の一瞬をより確実に捉えることができる。

ページトップへ